TOP > NEWS

NEWS お知らせ

2017-05-29

御霊神社 御霊祭

御霊神社 御霊祭 image

全国的に春のお祭りは5月が多いのですが5月18日に京都市上京区の御霊神社にて御霊祭が執り行われました。

御霊神社 御霊祭 image2

御霊神社 御霊祭 image3

御霊神社 御霊祭 image4

御霊祭の神輿は三基あるのですが、中之御座末廣神輿会様とは以前から伴天の御注文を頂いております。今年初めて御霊祭の見学に伺いました。神社を出発して巡幸地点で特徴的なのは、京都御所に参内されることです。御所や足利将軍家も氏子でした。江戸時代の御霊祭では神輿が御所を訪れ、天皇や皇太子に御覧いただくのが慣例となっていたそうです。

御霊神社 御霊祭 image5

牛車の幕を末廣神輿会様が奉納されて、幕の製作を柊定染工が担当いたしました。

2017-04-02

立呑処 ヒノエ 様

ヒノエ様 image

大阪JR環状線の福島駅エリアに新しいお店がオープンしました。福島駅界隈はリーズナブルで美味しい飲食店が多く、いつも賑わっています。立呑処 ヒノエ 様は流行りの立呑みスタイルの店舗で、こじんまりとしたお店です。

今回、こちらの店舗のれんを製作いたしました。生地は綿スラブ地です。近くに行かれたら、是非一度お立ち寄りください。

【立呑処ヒノエ】

〒553-0003

大阪市福島区福島1-6-4
南佐ビル1階
TEL(06)6147-6677
営業時間16:00㏘~24:00㏘
日曜定休

2016-08-22

地蔵盆

イメージ1

主に近畿地方を中心に行われている「地蔵盆」は江戸時代以前から続き、京都市内では約8割の町内会や自治会で行われています。

お地蔵さんの祠(ほこら)は町内やその周辺に見られ、「町内安全」の文字が物語るように、地域の住民に安全と連帯感を与える存在として代々祀られてきました。八月中旬~下旬にかけて行われる地蔵盆は子どもたちにとって夏休み最後を飾る行事となり、お地蔵さんを飾り付け、お供えをして祀り、その前で福引やスイカ割り、数珠まわし、など大人も交えて交流の場となっています。

今回は京都市上京区泰童町様の地蔵盆で使用する幕を製作いたしました。生地は正絹、ターコイズブルーのような色名は「浅葱」(あさぎ)です。長年使用されていた見本と比べれば生地の張や色の違いは明らかで紫色の幕が多い中、新鮮味のある色でした。

「京の地蔵盆」は京都市が独自に創設した京都をつなぐ無形文化遺産に選定されています。

1 2 3 4 5 6 7 8 10

↑Page Top