TOP > NEWS

NEWS お知らせ

2015-12-08

協和酒造様ありがとうございます

1

写真が届きました。日本家屋に日除け暖簾、やはり違和感なしですね。杉玉も入口にあります。杉玉はまたの名を酒林(さかばやし)とも呼ばれて、日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。(wikiにかいてありました)だそうです。

さらにこうかかれていました、吊るされたばかりの杉玉はまだ蒼々としているが、やがて枯れて茶色がかってくる。この色の変化がまた人々に、新酒の熟成の具合を物語る。(wiki)ともかいてありました。

昔の人はよく考えてたんだなーと。発想が素晴らしいと思いました。なんだか話がそれてしまいましたが、協和酒造様から写真をいただきました。ありがとうございます。

Facebook
HP

↑Page Top